~アジスロマイシン情報サイト~

マクロライド系抗生物質となるアジスロマイシンについてのご紹介をします。

腕を組んでいる夫婦

QT延長症候群とアドレナリン負荷試験

QT延長症候群とアドレナリン負荷試験を説明するため、先ずこの症状については別の名称は家族性突然死症候群ともいわれている遺伝をする病気です。
この症状については意識を失うことや立ちくらみをするようになり、発作が起きて場合によって死ぬケースがあります。
またこの特徴として心電図の検査をしても通常とは大きな違いがなく、波形が通常よりも長い点が通常とは異なります。
こうして通常の検査では分からないことがあり、他の方法を選択することが必要になります。
QT延長症症候群の名称についてはこの心電図の波形の部分のことをQTと呼ぶためこのように呼ばれています。
症状を顕在化することを主な目的にして負荷試験を行うことが有効な方法になりますが、アドレナリン負荷試験という負荷試験を行うことがあります。
試験には症状の顕在化と遺伝子型の推定の主な2つの目的があります。
不整脈になるような万一の事態に備えてから、この負荷試験を行う必要がありますが、この症状の治療や診断に役立てることができるようになります。
発作が起きないときは症状はでませんが、発作を起きることで動悸やたちくらみ等の症状がでるようになり、意識を失うケースがある病気です。