~アジスロマイシン情報サイト~

マクロライド系抗生物質となるアジスロマイシンについてのご紹介をします。

腕を組んでいる夫婦

ジスロマックで繰り返す治療や反復性うつ病障害

うつ病は現代における社会問題ともなっているものであり、多くのストレスを抱えたり、悩みを持ったりしてしまうことによって発症してしまうケースがほとんどです。その原因を特定できない場合も稀ではなく、ゆっくりと心を癒していくことによって回復を目指していくことになります。治療薬も存在しているものの、著効を示すとは限らないことから、うつ病に伴う身体的な症状が生じてしまっている場合にのみ積極的な投与が行われていきます。反復性うつ病障害になる人も少なくありません。原因が完全に取り除かれていないことによって反復性うつ病障害になる場合もあれば、一度うつ病になったことによって心が弱くなってしまっていて、再びうつ病になりやすくなる場合もあります。性病にかかってしまう経験というのは反復性うつ病障害になりやすい傾向があることが知られています。女性の場合にはおりものに異常を感じて性病であることがわかり、それが恥ずかしくて切り出せず、性行為を行ったことを後悔してうつ病になってしまう場合があります。また、男性の場合には尿道のかゆみを感じて医療機関を受診し、ジスロマックで治療を行うことができて安心したものの、再びジスロマックで治療を行わなければならない状況に陥ってしまうということを繰り返してしまい、自分の状況を悔いてうつ病になってしまうことが散見されます。ジスロマックによる治療は有効性が高いことから安心感を受けすぎてしまうことが多いのです。こういった場合にうつ病を克服できても、性行為を行う度にうつ病を繰り返してしまうことがあります、精神的に深い傷を負っているからであり、それが反復性うつ病障害の原因となりやすい理由なのです。